弁護士法人はるか 交通事故サイト

法律相談予約はこちら

CRPSと交通事故について

CRPSと交通事故

CRPS(Complex Regional Pain Syndrome)とは、複合性局所疼痛症候群と呼ばれ、骨折などの外傷や神経損傷の後に疼痛が遷延する症候群を言います。交通事故の後遺障害の中でも,その認定が難しいものの一つとされています。


CRPSの名称

CRPSは,従来,RSDとも呼ばれていましたが、1994年,国際疼痛学会(International Association of the Study of Pain・IASP)は、

必ず神経損傷を伴うもの(TYPE1…RSDなど)と神経幹の損傷がないもの(TYPE2…カウザルギーなど)とを明確に区別しその後1994年にRSD に代えて,

RSD、カウザルギー、SMP、SIP のすべてを包括するCRPS(Complex Regional Pain Syndrome 複合性局所疼痛症候群)という概念を提唱しました。

現在では,IASPにおいては,TYPE1,TYPE2の区別も撤廃され,CRPSという名称が使用されています。


CRPSの治療法

CRPSの治療効果が高い治療法は未だ確立されておらず,CRPSに対する治療方針は未だ確立されていないと言われています。

しかしながら、現在CRPSに対して行われている薬物療法その他治療法のほとんどは,他の神経障害性疼痛や非がん性慢性疼痛で効果が確認されている治療法をCRPS患者に流用してれている。

このような現状のなかでもCRPSの国際専門委員会では,

を並行して行うように推奨しており,個々の患者に応じた治療を選択することが重要である。

(Anesthesia 21 Century Vol.10 No.3-32 2008 (1935)Feature ArticlesP17)と指摘されています。