むちうちの事例

むちうちで後遺障害14級、保険会社の提示金額より3倍の示談金を獲得した事例

相談・依頼のきっかけ

Bさんは、信号機のある交差点で赤信号待ちしていたところ、加害者に追突されてしましました。Bさんの車両は中破の状態で、修理見積は35万円でした。

Bさんの怪我は腰椎捻挫、頸椎捻挫で、7か月ほど治療し症状固定となりました。痛みが残ったため、Bさんは、ご自分で後遺障害等級認定申請をなさったのですが、結果は、非該当でした。

保険会社は、この結果を受けて、後遺障害なしという前提での示談金額を提示してきました。Bさんは、非該当という結果にも、保険会社が提示する金額にも納得できず、当事務所に相談に見えました。


当事務所の対応と結果

当事務所では、まず、Bさんにご持参いただいた後遺障害診断書、初診から症状固定までの診断書と、頸椎のレントゲン・MRIの画像、腰椎のレントゲン画像(CDR)を確認し、Bさんから痛みの状況、日常生活への影響などを聞き取り、適切な異議申し立てを行えば、14級の認定を得られるのではないかと考えました。

Bさんが持参された後遺障害診断書を弁護士か確認すると、いろいろな不備がありました。まず、Bさんにとって最大の悩みの種である、常時の頸部痛、腰部痛の記載がありませんでした。さらに、レントゲンやMRI画像からは、頸椎・腰椎の著しい変性変化が見て取れるのに、後遺障害診断書にはその画像所見が記載されていませんでした。

そこで、当事務所では、医師に対し、これらを記載したうえで、再度、後遺障害診断書を作成するよう依頼しました。この新しい後遺障害診断書を添付し、弁護士が異議申立書を作成して提出したところ、期待通り、後遺障害として14級の認定を得ることができました。この認定を前提として、弁護士は、保険会社と示談交渉を行いました。

その結果、労働能力喪失期間5年を前提とする後遺障害逸失利益と、裁判基準(いわゆる「赤い本」に基づく基準)での、後遺障害慰謝料と傷害慰謝料を主たる示談内容として、裁判を経ることなく、示談に至ることができました。なおこの示談金は、一番最初に保険会社が提案してきた示談金額の、およそ三倍でした。いわゆる「むち打ち」での後遺障害認定/非該当は、もっとも紛争になりやすい類型の一つです。本件では、レントゲンやMRI画像において、著しい変性変化という、客観的な所見があったことが、認定に向けた大きな手がかりでした。

客観的な所見の有無は、後遺障害等級認定において大きな意味を持ちます。画像等で客観的な所見があっても、きちんと後遺障害診断書に記載されていなければ、認定を得ることは難しくなります。つまり、画像の取り寄せや、適切な後遺障害診断書の入手が大事なのです。本件は、弁護士が加入したことにより、効率的にこれらの作業を行うことができ、適正賠償に結び付いた一例といえるでしょう。