弁護士法人はるか 交通事故サイト

法律相談予約はこちら

評価額について

 1.評価損が認められる可能性が大きいケース

  ①国産車の場合

   ・車の損傷が骨格部位まで及んでいてその程度が大きいこと。

   ・登録年数が3年程度まであること。

   ・走行距離が4万キロ程度までであること。

  ②外車・国産の人気のあるハイグレード車

   ・車の損傷が骨格部位まで及んでいてその程度が大きいこと。

   ・登録年数が5年程度まであること。

   ・走行距離が6万キロ程度までであること。

 

 2.評価損の金額

裁判例では修理費の30%~10%程度が大勢を占めています。

一般財団法人日本自動車査定協会の評価損の査定書やデーラーの評価損見積書は,裁判では評価損の根拠が不明確な場合が多くそのまま認められることはほとんどありません。

ただ,評価損を主張する一つの根拠にはなります。

ご質問の事例の場合,事故は相手の100%過失であること,登録年数が1年であること,損傷がサイドメンバー(骨格部位)に及んでいること,修理費が100万円であること等から評価損が認定される可能性は非常に高いと判断します。