頸椎捻挫の事例

交通事故の頸椎捻挫で代車代金と休業損害が全額認められた事例

事故内容

合流車線において、自車が走行していた車線に合流しようとしている車がいたため減速したところ、後方から追突されたもの。


受傷部位

頸椎捻挫


等級

なし


解決までの道のり

事故後すぐに弁護士に相談し、弁護士費用特約を使って保険会社と交渉を開始した。保険会社からの当初の提示額では、代車代や休業損害の賠償が不十分だったが、交渉の結果、請求額全額が認められ、約182万円から285万円に増額した。


当事務所が関与した結果

事故後、速やかに交渉に入ることができたため、被害者が直接保険会社と交渉をするストレスを受けることがなく、またどこまで賠償を受けられるかについて早い段階で把握することができた。


解決のポイント

代車代

保険会社の当初の提示額では代車代としてのタクシー代が含まれていなかったが、タクシー利用の必要性を説明し、請求額が全て認められた。

休業損害

保険会社の当初の提示額では、事故後に退職したアルバイトの休業損害が認められていなかったが、事故により退職を余儀なくされたこと、シフトの予定が既に組まれていたこと等を説明し、請求額が全て認められた。


まとめ

保険会社からの当初の提示額では、全く考慮されていなかったような損害費目であっても、適切な資料とともに保険会社に説明をすることで請求が認められることが多々あるので、請求したい金額があれば弁護士に一度ご相談下さい。